« 郵便屋さんの新兵器 | トップページ | 犬と猫の余談 »

2010年2月16日 (火)

爪のお話

2010_02020003

↑ ワタクシ寝相はよいのです

  

昨夜は寝付きが良かった~

令によって川の字スタイルで、ワタシが一番寝るのが早かったカンジ

夜中に目が覚め、寝たまま思いっきり伸びをしたら前足が旦那様の鼻へ!
しかも思いっきり爪も伸ばしたので、鼻の穴へグサッ

「キャイ~ン」ならぬ「アグッ○△×■※◎#」ワケのわからぬ悲鳴が聞こえたけど
そのままのけぞった恰好で寝てしまった

朝になってブツブツ言っていたけど、夢だったのですよと言うことにしておいた
  


犬の爪は人の爪よりも伸びる速度は遅い。

犬にとっての爪はスパイクの役目をしているのは皆さんご存じのことで、また普段充分な
運動をしている犬や硬い地面の上を歩いている犬ならば自然と地面に擦れて削られてゆく。

だから爪切りを必要とするのは砂地、雪の上など、柔らかい地面を走っている犬あるいは
運動量の足りない犬という事になるワケ

地面に触れる爪は前肢・後肢で違ってくるし、後肢の爪はほとんど切らなくても良いくらい
常に短いのが普通だ。

もしも健康な犬で毎回切らなければいけないほど後肢の爪が長いならば、それはちょっと
散歩ルートや生活を考え直した方がいいかもってカンジ

狼爪(ろうそう、犬の前肢あるいは後肢の内側上部についている小さな指の爪)は
他の爪よりも確実に早く伸び、しかも食いこむように丸く伸びるので、見落としてはいけない
ポイントの一つなワケ


爪が長すぎると爪先が地面に触れ、足の指が押し上げられて体の不安定さを引き起こす。

それにより四肢の骨格のバランスをも崩してしまう。毎日野山を走り回るならそれでも
少々長めの爪でちょうど良いのだけど、もし「アスファルトの上の散歩ばかりなのに爪の
伸びが早い」というのなら、その犬にとっての適切な運動量はもっと多めのはずだ。

とまあ、たしかに「長い爪は怠けの証」として飼い主ならば避けたいところだが、
それはそれで、一度爪を切るとなると「できるだけ短くしたい」と思う飼い主も多い。

爪切りの目安は「犬が立ったときに爪先と地面の間に1-3mm程度の隙間があること」。

けっして切りすぎてはいけない、ヒトの爪だって深爪すると良いことはないのと同じ、
出血するほどなんてもってのほかだ・・・というけど、これが結構多いワケ

血が出るほど切ってしまうと、例え血が止まってもそこから雑菌が進入し二次感染の
原因となることが多い。

下手すると患部が炎症を起こし膿が溜まって切開あるいは切除しなければいけない
事態にもなるし、それよりなにより、痛い。

爪を切り過ぎる場合だけでなく、アスファルトなどの固い地面での過剰な運動も爪を
すり減らし過ぎて傷となる。

爪だけじゃない、肉球だって傷むし、見えないけれど足にとっても良くない。

旦那様のお友達宅では、初めて飼ったポメが可愛くて、家族全員が順番に散歩に
連れ出すモノだから肉球がすり切れ血まみれで散歩していたらしい。

爪の傷口といえば深爪以外にも割れ爪もあり、特にダックスフントでは
爪が割れやすい個体が多いそうだ。

それだけに定期的なチェックと爪切り道具にも質の良いものを選び、割れ爪の
原因を作らないように切り口表面を削ってなだらかに仕上げる必要があるそうだ。

健康な体は足元から・・・・・なんだかこれは人と同じなのだ。


  

■ となりの食卓
 ・ 鯖塩焼き
 ・ 海老と蚕豆と銀杏の中華炒め
 ・ オニオンサラダ
 ・ イカリング
 ・ イチゴ  おこぼれあり

|

« 郵便屋さんの新兵器 | トップページ | 犬と猫の余談 »

コメント

>ミモザmamaありがと
そうです!血管も伸びるのでまとめてパッチンという
ワケにはいきません。
ウチは白爪なのでわかりやすいから楽です。

投稿: マリア | 2010年2月17日 (水) 20:25

爪きりに関しては、ルナは嫌がりませんが、サラは大変です。
しかもサラは走らないので頻度も増える・・・
爪切りは、複数用意して途中で取り替えながらの方が切れ味が良いそうです。
どうしても大型犬の爪だと、すぐに切れなくなると言ってました。
また、伸ばしたままにすると血管も伸びてしまうので、切った時に出血しやすくなるという悪循環になるそうです。

投稿: ミモザ | 2010年2月17日 (水) 19:20

>みっちゃんmamaありがと
います!います!こちらにもfoot
相手を完全に生き物と思っていませんね。動くおもちゃと勘違いしています

>ウィリーmamaありがと
ウィリーchan程たっぷりお山を走っていれば大丈夫でしょう
狼爪だけは気をつけてあげましょうね

>七栗堂mamaありがと
ユウェルchanのように軽量級は身のこなしも軽やかでしょう
マリアぐらいになるとトラクターの全力疾走のようです

投稿: マリア | 2010年2月17日 (水) 17:07

なんだかユウェルが来て思ったのですが
ESって爪をスパイク代わりにして走らない気がするのですが
うちの子だけ??

走ってる姿を見ても足首の関節が柔らかくて
ネコ科みたいな全身運動(サイトハウンドも一緒の気がします)でハイパー走りですbullettraindash

投稿: 七栗堂 | 2010年2月17日 (水) 13:11

そうだったんだ~!
爪きりが嫌いなのでそのままになってたけど、少し安心しました。
深爪って怖いんですね~。

マリアちゃん、いつも川の字で寝られて幸せだね!
たまには、愛情キックも仕方ないよね~happy01

投稿: ウィリーMom | 2010年2月17日 (水) 08:38

爪は健康のバロメーターって云うよね。間違ったケアーをすると他の部分に影響するのは確か。
ご主人の気使いが大事やね。
ワンコにマニキュアを塗ってるアホなオーナーを見た事あるな。。。。あれは酷い。

投稿: みっちゃん | 2010年2月17日 (水) 06:40

>Deeploveママありがと
抜糸おめでとう!もう大丈夫ですね。
爪切りは一度失敗するともう懲り懲りという
カンジで嫌がりますね~当然だ。

>Kylano3ママありがと
前足の方が良く使うのではないのですか?
ひょっとすると、見ていないところでは二足歩行しているのかな?

投稿: マリア | 2010年2月17日 (水) 06:37

後ろ足の爪は殆ど切らなくてもいいんですが、前足!

殆どの事に動じないカイラ、爪きりだけはwobbly
大騒動です。

マリオは切る必要がないくらいですが。

投稿: kylano3 | 2010年2月17日 (水) 00:56

丁度、昨日爪切りをしたところです。
それと!!お腹の糸もきって抜糸完了しました!!

抜糸は日記に近々かきますね。

爪切り、一度失敗したことがあり
それ以来、嫌がってしまいます。

だましだまし、旦那さんとやれば大丈夫ですが
一人だと、爪切りをうばわれそうになります。

あまり、伸びなかったのですが
ここのところ、入院養生生活ですっかりお散歩をしていなかった
せいで、伸びていました・・・。

アテルイさんのブログはほんと勉強になる!!

我が家は、爪は病院で切ってもらう方が安心みたいです。。
失敗したらかわいそうだもの・・・。
人間も犬も健康のバロメーターなんですね~。

投稿: deeplove | 2010年2月16日 (火) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郵便屋さんの新兵器 | トップページ | 犬と猫の余談 »