« マリアの怒り | トップページ | 第六感 »

2010年2月 9日 (火)

物議必然!

2010_01100010

↑ 飼われる方にすればそんなことはどうでも良いのです
  

今日は二月九日でフク=河豚の日・・・というわけで、「となりの食卓」は、河豚の唐揚げ
特別にワタシにもおこぼれが一個あったワケ

プリプリと美味しいと言うことだったけど、小さくて一瞬で無くなったカンジ
下関あたりのワンズ達はしょっちゅうこんなご馳走を食べているのだろうか?
 

ところで、人間様の代表的なペットといえば犬と猫。

動物好きな人なら「両方好き」という人も少なくないだろうけど、必然的に、犬派、猫派と
分かれるのは世界共通のことらしい

本来、犬と猫が持つ個性や見た目をどう好むかは個々が持つ感性の問題ではあるが、
両派の傾向をあえて探る調査や研究は、世界各国で行われているらしい。

英国の大学研究者が犬と猫の飼育数と飼い主の特徴を調べる研究を行い、
「犬と猫の飼い主には教育レベルに違いが見られた」と、論議を呼びそうな結果を
発表したワケ。

ブリストル大学 のレポート → memo

  
英国ブリストル大学によると、この調査は同大学獣医学部のジェーン・マーレイ博士が行い、
英専門誌「Veterinary Record」で発表したもの。

マーレイ博士は、2007年に選挙人名簿からランダムに抽出した家庭に電話調査を実施。

犬や猫の飼育状況のほか、飼い主本人についても聞き取りを行い、英国内で飼われて
いる犬と猫の総数や、飼い主の特徴に見られる傾向を分析したという。

調査対象となったのは2,524の家庭で、その結果、現在の英国では猫が1,030万匹、
犬が1,050万匹いると推計。

猫は全世帯の26%、犬は31%で飼われていると見られるとの数字が出た。

1989年に出版された科学誌の中では、当時の英国内の飼育数が猫は620万匹、
犬が640万匹と推計されており、「今回の研究は、英国のペット所有者が以前よりも
さらに増えているとも分かった」としている。

そして、それぞれの飼い主に見られた傾向について、「猫の飼い主は女性が多く、
狭いか単身の家庭で飼われる」とされ、犬は「地方に住む男性により飼われ、
55歳以下に多い」そうだ。

また、10歳未満の子どもを持つ家庭では、犬よりも猫を飼うほうが多かった。

さらにマーレイ博士は、飼い主に見られた一番大きな違いとして「教育水準」を挙げている。

調査の結果、家族の誰かが大学レベルの教育を受けた人の割合が、「犬の飼い主では
38.4%だったのに対し、猫の飼い主では47.2%」(英放送局BBCより)と、
1割近い差が生じたそうだ。

マーレイ博士は、この点に大きな興味を示しながらも「どうしてこのような食い違いが
見られるのかはわからない」と、理由の説明には至っていない。

しかし、ひとつの推論として、所有者の労働時間に関係している可能性を示した。
仕事の拘束時間が長い人には「犬よりも世話をしなくてすむ猫が選ばれるのでは」という。

BBC News → memo

 
ただ、調査結果の数字とはいえ、この発表には英紙ガーディアンも「猫や犬が好きな
人には論争となるかもしれない結論」と、物議を醸す可能性を示唆している。

ちなみに、英紙デイリー・メールでは「あなたは猫の飼い主が犬の飼い主よりも知的だと
思いますか?」とのオンラインアンケートを実施。

その結果「イエス」は63%、「ノー」は37%となっているそうだ。

旦那様曰く、単なる結果であって必然的な理由はない、どちらも正しい愛情を持って
共存していればそれでイイ・・・と、悟ったような言い分


  
■ となりの食卓
 ・ 河豚の唐揚げ
 ・ 刺身盛り合わせ
 ・ 五目ひじき
 ・ トマトサラダ
 ・ お吸い物
 ・ リンゴ   おこぼれあり


 

|

« マリアの怒り | トップページ | 第六感 »

コメント

>ミモザmamaありがと
奥方様は猫が苦手です。
散歩で見つけると直ぐ脅かします!
ワタシは・・・白足袋の猫が大好きです。

投稿: マリア | 2010年2月10日 (水) 20:26

う~ん、個人的にはどちらも好きなんだけど・・・
何といっても、その時一緒にいるコが一番です。

投稿: ミモザ | 2010年2月10日 (水) 19:35

>Rallyママありがと
猫は人間でたとえるとB型人間、犬はA型人間とかってに決めています
猫はよく女性にたとえられますね~やはり扱いにくいのでしょう!

投稿: マリア | 2010年2月10日 (水) 17:32

絶対犬派です!! …というか、猫は今まで飼う機会がなかったので、未知の世界です(笑)。

鳥が好きで、魚も好きで…だから何とな~く猫じゃなくて犬を選んじゃうのかな?! 猫はあのほっちょいおめめがチョット苦手です(笑)。

投稿: Rallyママ | 2010年2月10日 (水) 16:57

>みっちゃんmamaありがと
なるほど、恋多き乙女shineというワケですね。

投稿: マリア | 2010年2月10日 (水) 15:59

なんかビビッと感じる物があれば犬でも猫でもオッサンにでも惚れ込むおばちゃまです。o(*^▽^*)o

投稿: みっちゃん | 2010年2月10日 (水) 13:19

>七栗堂mamaありがと
勝手気ままで扱いにくい猫、方程式どおりで扱いやすい犬
何となくこういう色分けです。

>Kylano3ママありがと
しかし、犬ほど飼い主に対して情を示してくれる
動物も少ないでしょう~

投稿: マリア | 2010年2月10日 (水) 06:36

この調査結果、「猫の飼い主が犬の飼い主よりも知的だ」という感じになって、ウチのはケッケッケって喜んでました。

単純です。。。。。。。。

そうそう、確かにネコの方が、散歩も連れ出す必要ないし、キャットドアとか付けておけば、けっこう好き勝手に喜んでるし、ということなんですよね。

春になったら、ウチの子たちにも、キャットドア買おうかな?!

投稿: kylano3 | 2010年2月10日 (水) 00:16

ふぐの唐揚げうらやましいぃ~
はじめてふぐの唐揚げを食べたときにはあまりの美味しさに衝撃を覚えましたdelicious

そういえば、動物好きの人に「犬派ですか?ネコ派ですか?」と聞くと
だいたいが戸惑いもなく答えが返ってくる気がしますよねぇ
自分も犬派ですが、あらためて考えるとどうして犬派なのかなぁ??

でもやっぱり犬派ですheart04

投稿: 七栗堂 | 2010年2月 9日 (火) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリアの怒り | トップページ | 第六感 »