« 小鳥の森の住人 | トップページ | 温度音痴 »

2010年2月22日 (月)

怖いモノ知らず

2010_02210085

↑ ん?新しいボールですか?

  
2010_02210083

↑ も~らった!・・・・この後はご想像に任せますsweat01

  

今日の夕方グランドには、初めてのお友達が遊びに来た。

トイプードルの親子だ。

小型犬の苦手なワタシだけど、黒のプードルは比較的興味津々で、お馴染みの
マウリchanに遭った時は気分がハイになってクルクル廻ってしまうワケ

そんな調子でとりあえずお母さんプードルの方からからご挨拶

続いてお子様プードルにもご挨拶といきたいところだけど、何しろまだ三ヶ月の
超オチビさんで、匂いを嗅ぎにいったとたん、鋭い殺気のようなモノを感じたワケ

きっと後一歩近づいたら、ワタシの鼻っ柱にかじりついてきたのに違いない!

何しろ小さい時は怖いモノ知らずで全力投球だから、小心者のワタシなんか
悲鳴を上げて逃げ出す羽目になりそうなので、おもわず奥方様の後ろに
隠れてしまった~

英国でも7ヶ月の子犬が向こう見ずな大ジャンプをやったらしい


鳥を追いかけていた子犬が、誤って採石場の崖から転落してしまったそうです。

崖下はため池のようになっていたものの、高さは200フィート(60メートル)もあり、飼い主は
これはダメかもしれないと思ったらしいのですが、偶然にも池に遊びに来ていたグループが
いて、子犬は助けられたとのこと。

詳細はこちら → pc


事故に遭ったのはKeli Beamonさんが飼っているコッカー・スパニエルのDotty(7ヶ月)。

Keliさんの家はウェールズ南東部、モンマスシャー州Chepstowにあり、この日、Keliさんと
Dottyが散歩していると目の前を鳥が横切って飛んでいったのでDottyはそれを追いかけて
走っていきました。

Dottyは必死で頭上の鳥を追っていたため足元がお留守になっていて、気付いたときには
崖から落ちていたとのこと。

Keliさんは「きっとDottyは岩にぶつかって死んでしまったんだろう……」と思いながら崖下を
のぞき込んだそうです。

Dottyが落ちた崖は高さが200フィート(約60メートル)あり、崖下はため池のようになっていました。

Dottyは3回崖に体をぶつけ、時速50マイル(80km)ほどで水面へ落下しました。

偶然にも、池にはちょうど潜水グループが来ており、Dottyが水しぶきを上げて落下したのに
気付いたメンバーがすぐにDottyに酸素を与えながら助け上げたため、Dottyは無事でした。

崖下をのぞき込んだKeliさんが見たのは、ちょうどDottyがダイバーに助け上げられたところ
だったそうです。

Keliさんは「Dottyは世界で一番ラッキーな犬に違いない、生きていることが奇跡のようだ。
落ちるだけで死んでもおかしくないし、着水の衝撃はレンガの壁にぶつかるのと同じぐらい
だったはず。

事故から3日間ぐらい、Dottyは驚いたような顔のままで歩き回っていたそうですが、
すぐに元通りになったとのこと。

写真を見ただけで、気絶しそうなくらいの断崖絶壁、良く助かったというカンジ

遊び夢中になるのも程々にってワケ


  
■ となりの食卓
 ・ 牛頬肉の煮込み
 ・ 鮪漬け丼
 ・ モヤシ炒め
 ・ みそ汁
 ・ イチゴ  おこぼれあり

|

« 小鳥の森の住人 | トップページ | 温度音痴 »

コメント

>ミモザmamaありがと
サラchanもそんな大冒険したのですね!
フィールドのESは興味ある鳥を見つけたら何十キロも
追いかけていくのがわかる気がします。

投稿: マリア | 2010年2月25日 (木) 08:27

以前、サラは鳥を追いかけて、用水路(幅3m?深さ1・5m)に気づかず落ちたことがあります。
あわてて走り回って、捨てられていたビンのかけらを踏んで、パットを怪我しました~
夢中になると危険・・・ワンもヒトも判断力が飛んでいってしまいますからね~

投稿: ミモザ | 2010年2月25日 (木) 07:34

>シゲpapaありがと
ひぇ~!そのころはアフロchanご自分をカモシカだと思っていたのでしょうか?
いや、カモシカでもそこまでは飛べないでしょう
無事でよかったですね~

>七栗堂mamaありがと
もしも・・・と、考えるとぞっとしますね。
自分の犬は大丈夫と考えたいですが、人間の思考とは違うからなぁ~

風船はもちろんimpactでしたが、音に驚くより、どこへ消えたか不思議で
キョトンとしていました。

投稿: マリア | 2010年2月23日 (火) 16:56

Dotty、よかったよかったconfidentと思うより先に背筋が凍りました…
やっやばい…sweat01
ダメですね、ダメですね。絶対ユウェルを連れてガケには近寄りませんdowndown

そして風船の後を追ったマリアちゃん…crying
でもびっくり慌てたマリアちゃんを想像するとちょっと可愛いlovely

投稿: 七栗堂 | 2010年2月23日 (火) 10:16

思い出した~

アフロも幼少期

テレビで川の向こうに犬を待たせ呼び戻したとき
橋を渡ってくればオリコウ犬!!

っていうのを見てやってみたんです!!

(川幅4m・川底4m・水は10cm程度)
なにも迷うことなく一直線にジャンプしてきました
(◎-◎;) ビクッ
もちろん転落。。
水は浅いし驚きましたよ~

アフロも驚き何を思ったか
上流へ猛ダッシュ\(@O@)/

怪我が無くてよかった~

素直だって事がわかりました(^.^;

投稿: シゲ | 2010年2月23日 (火) 08:32

>みっちゃんmamaありがと
ヒェ~!度胸ありますね~その挑戦的な態度、
相手の虫の居所が悪かったら大変だ。
でも、lovelyウィンク一つで許されるかも?

>Kylano3ママありがと
すっかりビーチ散歩が定着してきましたね
catcatcatwave波乗り大会も
出来るかなぁ

投稿: マリア | 2010年2月23日 (火) 06:36

確かに夢中になると足元に注意がいかないですね。

だから、崖のある海岸には連れて行けません。カイラも鳥に夢中になるので。
今日もdogdogとビーチお散歩行ってきました。
マリオはもう車酔い克服のようですconfident

投稿: kylano3 | 2010年2月23日 (火) 04:19

知らぬが仏。。。
おばちゃま、こないだビュンってパトカーを追い越したのよ。もちろん車の存在は知ってたんだけど、パトカーとは知らず。。。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 横に乗ってたおじちゃんが「。。。。。。。。今、抜かした車、なんだか知ってる?」「知らん」バックミラーに映るは白と黒のツートンカラーに赤や青のランプ。 ゲゲゲゲゲゲゲッゲェ。。 抜かしたと言ってもスピードは制限ギリギリだったんでよかったけど、おじちゃんいわく、こんな事をする人は見た事無いとアセかいてた。
このワンコも大事にならなくてよかったけど、向こう見ず注意やね。

投稿: みっちゃん | 2010年2月23日 (火) 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小鳥の森の住人 | トップページ | 温度音痴 »