« 365日のテーマ | トップページ | お国変われば »

2010年3月 8日 (月)

スェーデンという国

298887c6byi

↑ ちょっとメイchanに似ている

2010_01100046

↑ こちらが親友のメイ-chan



旦那様が読んでいた雑誌に珍しい犬種がでていた。
Swedish White Elkhound(スェーデニッシュ・ホワイト・エルクフウンド)というらしい。

ホワイトシェパードに似た、ちょっと桃太郎のお供犬のような犬。

スエーデン原産で、エルク(鹿)や熊を狩るのに使われていたらしく、数頭で獲物の臭いを
追跡し、獲物と戦って仕留めるのが本種の仕事だそうだ。

スェーデンといえばビョルン・ボルグかステンマルクしか知らない旦那様にとって、
あまり馴染みのない国なワケ。

ところが、このスェーデンという国はワンコにとっては大変恵まれた国らしい。

まず、たくさんの自然に恵まれているから、簡単に森の中に遊びに行けるワケ。
そして、この森の中ではフリーランが認められているそうだ。

ただし、森で犬がフリーで放されてもいい期間は、鹿の子供が生まれる前に限られるらしく、
これは野生動物愛護のためだそう。

1988年には動物保護法ができ、動物の保護に関しては世界一の水準という自負も
あるそうだ。

例えば、
犬を6時間以上人間の監視無しに置き去りにしてはいけない、
家畜のと殺の前に麻酔をかけること

電気ショック首輪や、スパイクのついたチョークチェーンで犬を訓練することは
禁じられている

動物を苦しめるようなブリーディングをしない・・・・・等々

なによりも、ストックホルムのような大都市でもないかぎり、犬保護施設というものが
ほとんど存在しない。なぜなら、飼育放棄犬を出さない犬飼いの文化とブリーディング方法で、
飼い主とブリーダーの責任感が存在するということだかららしい。

犬はブリーダーからしか購入できない。

またブリーダーの倫理性は厳しくケネルクラブや犬種愛好会によってチェックされている。

さらに国中に、コミューンにひとつの割合でケネルクラブの管轄するワーキング・ドッグ・クラブが
あり、子犬を飼った人はだれもが、安くクラブのパピークラスに参加する。

当然正しく躾られた犬は飼い易く、よって問題犬になる確率が低くなり、捨て犬が
発生しないですむ・・・というワケ。

スウェーデンには、純血種が飼い犬の80%を占め、犬人口の約80%には保険がかけられている。

これは世界一のペット保険率だそうで、飼い主の犬に対する責任ある態度が現れているカンジ。

犬の繁殖による遺伝病のチェックもすでに40年前から行われており、この国で遺伝疾病で
苦しむ犬たちは確実に減っているそうだ。

アメリカが獣医医療の世界最先端であるのと対照的であり、どんなに最新の技術で病気を
治せても、病気になってからでは犬はどちらにしても苦しむ。

それでは遅い、と考えるのがスウェーデンの動物愛護心だそうだ。

次に生まれ変わってくる時は、ドイツ、英国、スェーデン・・・このあたりにしようっと!

  

■ となりの食卓
 ・ 筑前煮
 ・ 湯豆腐
 ・ 百合根ガンモと白菜の炊いたん
 ・ みそ汁
 ・ デコポン  おこぼれあり

|

« 365日のテーマ | トップページ | お国変われば »

コメント

>ミモザmamaありがと
犬時間で計算すれば18時間以上のお留守番ですが
ミモザ家はアフターフォローがたっぷりだから
二人とも納得ではないですか?

>ララmamaありがと
アウトドアライフもたっぷりだし
移住という手もありますよ!

投稿: マリア | 2010年3月11日 (木) 06:52

スウェーデンって やっぱり 先進国なんですね。
ワンコ天国だ。

投稿: ララママ | 2010年3月10日 (水) 21:08

あぁ・・・6時間以上の留守番、させています。
気になっている点なのです。
どうにかしたいのですが・・・
職場にワンを連れて行ければ、こんな悩みは無用なのに~

投稿: ミモザ | 2010年3月10日 (水) 07:13

>ホーリーmamaありがと
病気を治療するのではなく予防するという観点は素晴らしいですね。
何事も元を絶たなきゃダメということですね。

>みっちゃんmamaありがと
そうそう、我らが青春時代はそういうイメージでしたね!
でも、今はどうかなぁ

>七栗堂mamaありがと
ユウェルchanは何時間一人お留守番出来るかなぁ?
かまってくれる人が沢山いそうで良いですね

投稿: マリア | 2010年3月 9日 (火) 20:40

>犬を6時間以上人間の監視無しに置き去りにしてはいけない

ユウェルはお家に来てそろそろ10ケ月
その間合計6時間以上一人でお留守番したことがあるんだろうか…coldsweats01

投稿: 七栗堂 | 2010年3月 9日 (火) 17:13

スウェーデンって、殿方にも楽園らしいよ〜 (´,_ゝ`)プッ
おばちゃまは健康であれば生れかわりはどこでもええかな。。しいて希望が言えるなら南国がいい。

投稿: みっちゃん | 2010年3月 9日 (火) 15:23

スェーデンって、大人の国というか、
良識のある国ですね。
遺伝疾病を量産している日本とは、大違い。

でも、日本の食べ物はとっても美味しいから私としては
迷うな~  ね、マリアちゃんhappy01

投稿: ホーリーママ | 2010年3月 9日 (火) 10:04

>Kylano3ママありがと
本人は三食豪華弁当+オヤツたっぷり+しずか~なところなら
どこでも良いそうです。

>飛ばない豚papaありがと
オッ!シェスタ付きの生活ですか!
でも、6時間以内に家族の顔が見られるのは安心でしょう。

投稿: マリア | 2010年3月 9日 (火) 06:44

6時間以上の留守番禁止・・・。

ク: 「ふーむ。。ウチのパパさんは一応合格みたいだね。。」
フィ:「ダヨネー。いっつもお昼には帰ってくるよねー。」

投稿: 飛ばない豚 | 2010年3月 9日 (火) 00:27

>次に生まれ変わってくる時は、ドイツ、英国、スェーデン・・・このあたりにしようっと!

クックック、マリアちゃん、生まれ変わっても、きっと今のおとーさんの「恋人」ですよ!!!(* ̄ー ̄*)

>ちょっと桃太郎のお供犬のような犬
なかなか、スマートで賢そうですね!!


投稿: kylano3 | 2010年3月 9日 (火) 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 365日のテーマ | トップページ | お国変われば »