« 遊びのルール | トップページ | コバルトブルー »

2010年4月10日 (土)

大事な質問

2010_03280042

↑ しっかり説明聞いておいて下さいね~
  

今年のお花見は季節はずれの寒さのおかげで期間が長く、ワタシんちもお花見気分を
何回も味わうことが出来た

遠出しない分、気分だけでもと、旦那様達はお花見弁当を二回も食べたワケ。

一つは京都「魚三楼」のお花見弁当で、最近の京弁当は何かと今風のくずし会席風が
多いけど、此所は正統派のお弁当で旦那様も偉そうに合格点をつけているカンジ。

もう一つは東麻布の「万歴龍呼堂」のちらし弁当。

歴史のある料理屋さんではないけれど、最近ミシュラン一つ星ということで人気のお店だ
折り詰め弁当大好きな奥方様は、2週に渡って東西両方の味が楽しめて大満足なワケ。

さて、このメタボなお花見シーズンが終わったら、ワタシの健康診断の時期が来る。

最近、人の薬では薬と一緒に詳しい説明が書かれている紙がもらえるようになったけど、
犬の薬についてはまだまだそういうことはない。

今回のようにフィラリアだけなら問題はないけれど、怪我や体調不良の時にもらう薬に
ついては飼い主が先生によく聞いておかないといけない。

アメリカ食品医薬品局(FDA)では、ペットの病状回復や継続的な健康維持のために
薬についての情報を理解しておくことが大切なこととし、飼い主が獣医師へ尋ねるべき
10の質問事項について公表した。

1. この薬が処方されたのは何故か?どのくらいの期間薬を飲ませる必要があるか?

薬の効果、そして、何日間投与すればいいのか掌握するのは大事です。

2. 薬はいつ飲ませればいいのか?

食後に薬を飲ませないと、副作用として胃の不調などが起きる場合がある。
空腹時がいいのか食後がいいのか確認。

3. 1日に何回薬を飲ませる必要がありますか?また、どのくらいの時間をかけて飲ませる
べきか?液体の場合には、振ってから飲ませたほうがよいか?

正しい時間に正しい服用方法で薬を与えることが、より早く回復する手助けになります。

4. どのように薬を保存すればいいですか?

薬によっては、涼しく乾燥した場所に保存する必要があるもの、冷凍の必要があるもの
などもあります。

5. 嘔吐したり、薬を吐きだしてしまったらどうすればいいですか?

嘔吐した場合には、獣医師に連絡を取る必要があるか確認をしておくべきだそうです。
場合によっては、薬の投薬をストップする必要があるかもしれませんし、薬を切り替える
必要があるかもしれません。

6. 薬を飲ませるのを忘れてしまった場合、気づいたらすぐに飲ませたほうがいいのか?
それとも、次に飲ませる時間まで待った方がいいのか?誤ってたくさん与え過ぎて
しまった場合にはどうしたらいいのか?

過度に薬を飲ませてしまった場合には、深刻な副作用を引き起こす場合もあるし、
その場合はすぐに獣医師に診てもらう必要があるのか確認をしておく。

7. 容体が回復したように見えた場合にも、処方された薬を全て飲ませきる必要があるか?

状態が良くなったように見えても、抗生物質のような薬は特定の期間服用する必要があるし、
素人判断で止めた場合、99%治りかけていたのがぶり返す場合もある。

8. 他の薬と、併用しても大丈夫でしょうか?

処方薬に限らず、店頭で売られているような医薬品、ハーブ、サプリメントなども含めて、
ペットが何を服用しているのかを獣医師に伝えるようにする。
(実際に、ワタシの場合サプリがだぶってしまったことがある)

9. どのような反応に気をつけていなくてはならないのか?副作用が出たと思われる場合には、
何をすべきか?

ペットの反応が、正常なものか、もしくは深刻な問題のシグナルなのかどうか尋ねておく。
そうすれば、ある特定の副作用が起きたのかどうか、また、獣医師へすぐに連絡をすべきか
どうかなどを知ることができます。

10. 再診の必要はありますか?ある場合は、いつ再診に訪れればいいでしょうか?

再び診察してもらう必要があるのか、薬の効果を確認するために検査の必要があるのかなど、
確認しておく。

獣医師が処方する薬について、飼い主が正しい理解を持つことはとても大切なことで、
獣医にかかる際には、犬の容体がいつからどのように変化したのかなどについて、診察の
場だけでは分からないような情報を伝えることも重要。

話すことができない愛犬に代わって獣医師との間をしっかりと繋いでいくのは、
飼い主しかできないことなワケ。

  
■ となりの食卓
 ・ 京筍の筍御飯
 ・ 若竹煮
 ・ お手製海老シュウマイ
 ・ 青豆豆腐
 ・ 金沢麩のお吸い物
 ・ デコポン  おこぼれあり

|

« 遊びのルール | トップページ | コバルトブルー »

コメント

>ミモザmamaありがと
そうそう、ついつい何回か分残してしまうのですね。
でも、アレは間違いの元だそうです。
ウチはあまり苦にしないけど、苦いのはオブラートにくるんで
飲ませますよ。

投稿: マリア | 2010年4月11日 (日) 21:15

今のところ、ルナのアレルギーの薬だけなのですが、薬の事故も考えられますから、いろいろ聞いておくといいですよね。
抗生物質だと必ず飲みきるようにしないとまずいですし(ヒトでも結構飲み残してしまうらしいですが)。
人間のように、水と一緒に・・・というわけにはいかないので、カプセルの薬だと水分補給しなくていいのかな?と気になっちゃいます。
飲ませた後に、水分大目のリンゴや胡瓜を少しあげたりして・・・。
効能や副反応は、一応「獣医からもらった薬がわかる本」でチェック。

投稿: ミモザ | 2010年4月11日 (日) 08:49

>七栗堂mamaありがと
気にすればきりがない、最低限のことでよい、という考えもあります。
しかし、家族の一員として暮らしている以上そうもいきません。
犬の姿をした人間なのです(mobilephoneのCMみたい)
飼い主に出来ることは、してあげたいですね。

>飛ばない豚papaありがと
「ピル・ブック」とは良いモノを入手されましたね。
人の心理として、質問をしてくる客(相手)というのは、
こちらも真剣に(普段以上に)対応しなければなりません。
病院にかぎらず、お金を払う側の有効な手段です。
後々無用な後悔をしなくても済むようにするためにも、適度に
心がける事が出来ればよいですね

投稿: マリア | 2010年4月11日 (日) 08:26

今回フィオの避妊手術の後で出た薬について、説明をまったく受けていなかったので、ちょっとばかり悩んでしまいました。でも手術の後だったのでおそらく抗生物質だろうと推測していました。イヌでもお腹を切られれば術後は相当痛いハズ。実際、フィオは当日の夜は唸っていました。これなら抗生物質の他にも鎮痛剤などももらっておくべきだったと思います。我が家は前任犬とクロエは長い付き合いのドクターに診てもらっていて、この病院では薬についてきちんと説明をしてもらっていたし、こちらから、例えば今回の鎮痛剤の様なリクエストをした場合にも的確に対応してくれました。
フィオは保護犬に対してボランティア価格で医療を行って下さっている病院で手術を受けたのですが、薬についても、他のことについても、病院側から積極的に説明をするという感じではありませんでした。でも聞いたことにはきちんと答えて頂けるので、薬については僕が10の質問とは言わないまでも、いつも確認してる5項目くらいは聞いておけばよかったです。
因みに我が家の長年のお付き合いの病院は、そこの院長先生の師匠の先生時代から診て頂いてるのですが、その師匠ドクターからは「これを見て、必ず自分でも確認するといいよ」とピル・ブックを渡されました。

投稿: 飛ばない豚 | 2010年4月11日 (日) 01:03

歴代犬とも大きな病気もなく(最後に大きな病気が治ることなく急死パターンが多いわけですがweep
ほとんど下痢症状のお薬なので気にしたことありませんでしたが
人間でもそういえば、「この薬と併用して○○を取ると薬の効き目が悪くなります」とかありますよねwobbly
サプリやハーブなどは考えもつきませんでした

う~~んちゃんと聞かないとダメですね
10の質問、手帳にでも書いて今度病院でお薬を処方してもらったときに聞きますup

投稿: 七栗堂 | 2010年4月10日 (土) 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遊びのルール | トップページ | コバルトブルー »