« 今更 | トップページ | 噛みつき防止週間 »

2010年5月23日 (日)

落とし物

Dscf4692

↑ 雨が降るとバラの落とし物が降ってきます


2010_04180110

↑ さて、早朝のお散歩に行きますか

  
  

せっかくの日曜日、朝から雨という予報なので、5時過ぎから休日にしては早めの散歩へ。

この時期になると、結構早朝でも散歩をしている仲間が多いし、特に休日は普段散歩に
行かないパパさんの役目というところも多いワケ。

さて、大通りに出たとたん特大の落とし物発見。

旦那様ぐらいになると、落とし物の大きさや色で小型犬か大型犬か?ドライフードか
手作り御飯か?ぐらいは想像がつく。

今日のはラブクラスの大型犬でドライフード、まだ黒くないので今朝のモノってカンジ。

案の定、暫く道を進むと前方にゴールデンがパパさんとお散歩中。まあ、証拠がないので
なんとも言えないけど、飼い主さんが携帯しか持っていないというのがなんとも・・・


公共の場所で犬の散歩をする際にビニール袋やティッシュを持参するのは、飼い主の
当然のマナーだけど、公園や街を歩いていて結構そのまま放置という状況も多いカンジ。

そんな「落とし物」の主をDNA鑑定によって特定するサービスがアメリカにあるらしい。

BioPet Vet Lab - PooPrints 

米国テネシー州のBioPet Vet Labは、飼い犬がどういう犬種の血をひいているかという
ルーツを探るためのDNA鑑定や、ペットが亡くなった時にクローンを作りたいという
飼い主のためにDNAを長期保存するサービスなどを主に提供する会社らしいが、放置された
犬のふんに含まれる細胞からDNAを採取し、ふんの主を特定するというユニークなサービス
「PooPrints」を2008年10月に開始したそうです。

「PooPrints」ではまず導入するコミュニティ(町内会など)で犬を飼っている住民全員が、
飼い犬のDNAをDNA World Pet Registryというデータベースに登録します。

地域で飼われている犬のDNAが登録された後は、発見された犬の「落とし物」のサンプルを
BioPet Vet Labに送ると、登録されているDNAと照合することにより誰が飼っているどの犬の
ものかが特定できるというわけ


すでに住宅街などの住民グループでこのプログラムを導入し、「落とし物」の数が減ったと
いうところもあるとのこと。

DNA鑑定で「犯人捜し」というと住民同士が険悪になるのではと懸念されるかもしれませんが、
このプログラムではふんが放置された際の犯人捜しより、「放置すれば犯人と特定される」と
飼い主に意識させることによりマナーを向上させようという抑止力の方に主眼が置かれている
ようです。

それぞれのコミュニティで、犬のふんを放置した飼い主に対する罰金などのペナルティを
プログラム導入時に決めておくケースが多いらしい。

ちなみにBioPet Vet Labによると、アメリカでは現在約7500万匹の犬が飼われていて、
飼い主の2人に1人が公共の場所で犬の散歩をし、そのうち40%が拾わないとのこと。

それぞれの犬が1日1回するとすれば、一日に米国全土で1500万個もの「落とし物」が
発生しているって計算。

  
■ となりの食卓
 ・ 牛の時雨炊き
 ・ オクラと湯葉の炊き合わせ
 ・ 煮茄子
 ・ 春雨と舞茸の中華スープ
 ・ サマーオレンジ   おこぼれあり

|

« 今更 | トップページ | 噛みつき防止週間 »

コメント

>コロmamaありがと
確かに日本人はその辺り潔癖性なところが他国と比べて
あるかもしれません。
でも、落ちていない方が気持ちよいし、衛生的なのは
間違いないですからね~

投稿: マリア | 2010年5月25日 (火) 06:49

パパさんのウンチ観察、なかなかのものですね~。

そうそう、時々手ぶらでワンのお散歩の人がいますよね。
我が家の近くでは、和犬を連れたおじいちゃんがそうなんだけど・・・。

どこへ行くにもウン袋を持って、というのは日本独特なんでしょうかね。

アメリカの友達も、家の周りでさせて、その辺の茂みにポイだったような・・・。

投稿: コロママ | 2010年5月24日 (月) 22:25

>ホーリーmamaありがと
今のパリはだいぶ改善されているようですが、確かに
20年ほど前は信じられない!程の落とし物だらけでしたね。
当時は日本の方が圧倒的にきれいでした。

>七栗堂mamaありがと
まあ田んぼなら許せる部分もありますが・・・
都会では処分のしようがありません。

>Kylano3ママありがと
せっかくのバラも週末からの雨で台無しです。
そうなのです。そういう人にかぎって自分の家の前に
張り紙などしているのです。

>ミモザmamaありがと
フレキシブルリードで侵入してくるとなると
相手は小型犬ですね!

投稿: マリア | 2010年5月24日 (月) 21:06

薔薇が満開なのですね~
我が家のピエールさんもこの位育ってくれると良いのですが・・・。

落し物、我が家も困ってます。
門柱付近だけならず、閉めてある駐車スペースまで!(多分、例の伸びるリードを使用しているのでしょうが・・・)
シンジラレナイ・・・

投稿: ミモザ | 2010年5月24日 (月) 19:40

今、お庭はバラが満開なんでしょうか?!
ぜひこの時期に1度拝見したいですね!!!

こちらもやっと街中ではチラホラ〇ンチバッグを持った人を見かけるようになりました。でも、田舎町では皆無!!

今朝の散歩の時の「容疑者」の人、きっと他のワンの落し物を踏んづけたら、「まったく!」と大声で怒鳴るんでしょうね。

投稿: kylano3 | 2010年5月24日 (月) 18:45

薔薇がとってもキレイshineですね

最近、ユウェルの朝の公園にもなぜか落し物が増えてきたのです…
回覧板でもまた回ったのですが…down
うちの辺ではスコップだけ持参で側溝や田んぼに投げ捨てていく人も多いですwobbly

投稿: 七栗堂 | 2010年5月24日 (月) 09:47

綺麗な薔薇のアーチですね。
お家にとても似合って、素敵です。

落し物を見ると、がっかりします。
随分以前より、減った気がしますが・・・

アメリカはDNAで犯人探しとは、合理的。
そういう発想は全く無かったから、びっくりしました。
でも、そこまで拾う人が少なかったのですね。

数十年前のパリの道路の落し物の多さには、
びっくりしました。

投稿: ホーリーママ」 | 2010年5月24日 (月) 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更 | トップページ | 噛みつき防止週間 »