« 大きな難題 | トップページ | 優先順位 »

2010年6月16日 (水)

同族臭

2010_05160094

↑ サラchanちょっと失礼しま~す
  

ワタシんちの旦那様は、他人様には「知らないワンズに無遠慮に手を出すのは止めましょう」と、
言っておきながら、自分はヒョイヒョイとマッサージにかかる。

もちろん、さりげなく横手から手の甲を差し出して、そのワンズの警戒モードを見計らっての
ことだけど、不思議といやがられない。

これがセター系だとなおさらってカンジで、さも、昔からのお知り合という様子で挨拶にいく
ずいぶんなれなれしい親父なワケ。

ESの中にも、ワタシのように人も犬も苦手という引っ込み思案もいれば先日のルナchanや
フィオchanの様にコンパニオンドッグとして満点のフレンドリーさを発揮する仲間もいる。

ワタシが保護犬だからと気を遣ってくれる方もいるけど、カウチポテト犬になって6年、
今更過去がどうのこうのというのも照れくさいってカンジ。

大抵初めてのヒトには絶対に近づかないし、ワンズに対してもスキンシップに来られると、
止めて止めてとガードするタイプ。

ところが先日のようにES仲間ばかりだと、ちょっとカンジが違うワケ。

みんなが順番に集合してきても、さけるワケでもなく、お尻がぶつかっても怒ることもない。
いつものお散歩仲間と同じようにリラックスしていることが出来るってカンジ。

初めて一緒に散歩した仲間とも鼻先つきあわせて歩いていても平気だった。

それぞれ生い立ちは違うけれど、English SetterというDNAの何かが繋がっていて
ESフェロモンを感じているのかもしれないってワケ。


Obsession for Men

猫が好む香りと聞かれれば「マタタビ」が一押だけど、それ以上の効果絶大な香りが
あるらしい。

米・野生生物保全協会(WCS)は、大型ネコ科動物をもっとも魅了する香りに関する
研究成果を発表した。

calvein-klein-obsession


ブロンクス動物園のパット・トマス氏が数年にわたり、同園のトラ、ユキヒョウ、チータの
飼育場にさまざまな香水を散布して実験を行った結果、彼らがもっとも反応を示したのは
カルバン・クラインの男性用香水「オブセッション・フォー・メン」だったと発表した。

なぜこの香りを好むのか、その理由は不明だが、前述以外のジャガーやピューマ、
オセロットなどのネコ科動物のほか、バクやイノシシにも著しい反応が見られたという。

性別に関係なく、ネコたちはみなこの香水を吹きかけた岩や木に体をこすりつけたり
なめたりと、香りを存分に楽しんでいる様子だったとか。

トマス氏のこの研究成果はすでにグアテマラの生物圏保護区で実用化されており、
観察用に設置された小型暗視カメラのそばに野生のジャガーをおびき寄せるために
使われている。

その効果は絶大だそうで、同保護区内のジャガーの個体数をより正確に把握できると、
研究者や保護活動家たちは大喜びしているそうだ。

ちなみに、ネコたちは同じシリーズの女性用香水「オブセッション・フォー・ウーマン」には、
大して反応しなかったらしい。

商品名になっている“オブセッション(obsession)”は、「妄想」という意味でムスクベースの
香りだそうだ。

もし旦那様がつければ、マニキュアを塗った大型猫類にもてるのだろうか?

■ となりの食卓
 ・ 鱧のおとし  
 ・ 酢豚
 ・ 春雨サラダ
 ・ おぼろ豆腐
 ・ しじみ汁
 ・ パイナップル   おこぼれあり

|

« 大きな難題 | トップページ | 優先順位 »

コメント

>ホーリーmamaありがと
ワンズのマッサージは好きですね。
満足げな顔をされるとこちらも癒されます。
この香水、サファリパークで着けるとちょっと危険かも!

>Bazパパありがと
どうやら相手がESだとちょっと違うようです。
この香水、30mlで定価6000円ほど、実勢価格は4000円程度
念のためお知らせします。

>七栗堂mamaありがと
関西のお仲間同士で大丈夫でしたか?
ES好きな方はこれまた独特のオーラがでているのでしょうね
因みにマリアは豆柴も大好きです。

投稿: マリア | 2010年6月17日 (木) 17:52

ユウェルもマリアちゃんに似てるけど
やっぱりフラッティを除く(一度フラッティ軍団に追い込まれて怖い思いをしているのでcoldsweats01
ガンドックさんには初対面から「大好きオーラheart01」満載になることが多いし
ES飼いの人には全然初対面でも触られてもokって感じです

不思議ですhappy01

投稿: 七栗堂 | 2010年6月17日 (木) 11:39

マリアちゃん。
先日のお散歩でもフレンドリィじゃなくても、ワンコが苦手と言う感じは
しなかったですね。
アデルもワンコに対しては落ち着いていました。
同族臭のなせるワザなのですね。

オブセッション・フォーメン。
気になります。^o^

投稿: Baz | 2010年6月17日 (木) 10:18

同族で和気あいあい、いいですよね~

ソフィも身構えるけれど、暫くいればお仲間意識で、
大丈夫だと思います。
警戒心をとかす匂いないかしら?

友人にもマッサージの上手な人がいます。
マリアパパさんもホスピタリティーに、溢れている方なのね。
ワンズも、コロリなんですね。

ミモザさん、「フォー・メン」つけちゃうの?

投稿: ホーリーママ | 2010年6月17日 (木) 08:15

>みっちゃんmamaありがと
焼き魚臭ですか・・・ちょっと微妙
米国では日本料理店以外では嗅ぐことのない匂いでしょうね

>Kylano3ママありがと
外国人は結構インパクトの強い香水を使いますね
接近するとクラクラするときがあります。

>ミモザmamaありがと
サラchanは何時間でもマッサージ受けていそうですね。
ルナchanは・・・退屈されてしまいそうですね~

投稿: マリア | 2010年6月17日 (木) 06:37

パパさんのマッサージ技術の高さ・・・うっとりクロエちゃんでよ~くわかりました。
今度、サラルナにもお願いします。

ワンの臭覚の機能からすると、同族臭はもちろん、同族を可愛がってくれるヒトまでわかりそう・・・

「オブセッション・フォー・メン」動物園に行く時に使おうかなぁ?


投稿: ミモザ | 2010年6月17日 (木) 05:37

>カルバン・クラインの男性用香水「オブセッション・フォー・メン」
今度さがしてみよう!!!

>もし旦那様がつければ、マニキュアを塗った大型猫類にもてるのだろうか?
ウン、ウン、マリアちゃん、注意深く観察しててね。
ゾロゾロニャンsを連れて帰ってくるかもしれないから!!

投稿: kylano3 | 2010年6月17日 (木) 01:31

おばちゃまは焼き魚の香りに釣られるな。。。ネコちゃんもそうだと思ってた。
人間もだけど同種の香りに引きつられるんだね〜

投稿: みっちゃん | 2010年6月17日 (木) 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな難題 | トップページ | 優先順位 »