« カミナリとマンゴー | トップページ | いざディズニー・ワールドへ »

2010年7月 2日 (金)

吠えるより鳴らす

2010_05300051

↑ ワオォォォォ~~~~ン

  


普段ほとんど吠えることのないワタシだけど、一日で唯一吠えるときがある。
それは、旦那様の帰ってきたときだ。

ワタシんちは構造上、門から玄関までL字型に少し距離があるワケ。

旦那様は門のところでチャイムを鳴らし、自分でカギを開けてアプローチを入ってくる。
この時にワタシは早く玄関ドアを開けてくれと奥方様にせがんで吠えるわけ。

たぶんご近所ではワタシが吠えるのを聞いて旦那様が帰ってきたのだなと承知して
いるってカンジ

例外的に吠えるのは緊急車両が通るときで、2種類のサイレンの組み合わせによって、
それに反応して遠吠えをする。

これはワタシだけでなく、オオカミが仲間を呼ぶのにトーンが似ているので反応するという
説が有力なワケ。

犬が吠えるのはさまざまなバリエーションがあり、ボディランゲージと組み合わされ、
「危険信号」としてだけでなく犬なりに細かな表現をするために声を発するということが、
この20年間の動物行動学において徐々に裏付けられてきたそうだ。

吠え声(音)は天候や日照などの環境条件に左右されにくく、またシグナルの受信者
だけでなく敵・味方関係なくその周辺の生き物の耳にも届く。

声を発することでその存在位置が知れてしまい、食物連鎖上位の狩猟動物としては
欠点なのだけど、人間というイヌ科以外の生き物とコミュニケーションを取るために
犬は吠えるという手段が進んできたらしい

犬の声の種類はプードルで4種、ジャーマン・シェパードで6種、アラスカン・マラミュートで
2種と犬種間で差があり、ブルテリアに至っては12種ものレパートリーを持つそうだ。

警戒吠え・縄張り吠えなど生活防衛的吠えや、遊びの吠えもあり、緊急車両に大して
吠える遠吠えは、遠くの仲間への位置連絡サインと考えられているそうだ。

犬は吠える、犬は吠えて当たり前、吠えない犬は役立たずとまで昔は言われたのだけど、
最近はご近所の苦情の種となってしまうことも多く、躾の悩みでも「吠え癖」というのは
一番の問題らしい。

犬が吠える頻度についてはジャーマン・シェパードはアラスカン・マラミュートに比べ8倍
吠えるなど犬種間で(遺伝的に)異なり、吠え犬ランキングの上位を占めるのはテリア系や
ビーグル、チワワなど小型犬種のようだ。

当然、ワタシのような大型の室内犬がワンワン吠えていれば奥方様の怒りを買うのは
必然で御法度。

そこでワタシが使うのはピーピーという鼻笛。

旦那様の枕元や足元でピーピーと鼻を鳴らすと大抵は話が通じる。ワタシにとっては
大事なコミニケーション手段なのだ。

  
■ となりの食卓
 ・ 鯖の塩焼き
 ・ 中華風野菜炒め
 ・ 大根田楽
 ・ オクラと湯葉の和え物
 ・ みそ汁

|

« カミナリとマンゴー | トップページ | いざディズニー・ワールドへ »

コメント

>ミモザmamaありがと
吠えない代わりに目線で要求します。
ジト~っと見つめて視線が合うと誘導します。
大抵はクッキージャー!

投稿: マリア | 2010年7月 5日 (月) 08:15

ESは吠えるのは少ない・・・ですよね。
家庭犬として生活している場合、大抵はボディランゲージでわかってもらっているという面もあるのかもしれませんね。

サラルナは遠吠えしたのは聞いたことがないなぁ。
もっとも、おしゃべりもほとんどしないコ達・・・
ルナなんて、無言でイタズラしますから!


投稿: ミモザ | 2010年7月 5日 (月) 06:47

>ホーリーmamaありがと
ソフィchanも遠吠えしますか!
マリアはビックリするぐらい野太いオッサン声~
まるでオカマの叫び声です。

投稿: マリア | 2010年7月 4日 (日) 08:52

ソフィは、サイレンの音に見事な遠吠えをします。

マリアちゃんの遠吠えの声と比べてみたいわ~

ホーリーも、ソフィも色々な声でおしゃべりします。
二人の声のトーンや、状況はそれぞれで違って面白い。

ソフィも、随分吠えるのが減りましたが、まだまだ修行中ですよ。

投稿: ホーリーママ | 2010年7月 4日 (日) 08:04

>七栗堂mamaありがと
さて?ESはどのくらいの位置づけなのでしょう?
でも、どちらかというと無口な方だと思いませんか?

>Kylano3ママありがと
やらせ・・・が出来るほど優秀ではありません。
一緒に庭へ出るときは大抵腰にカメラがぶら下がっています。
遠吠えするときは手順があります。
まず座って首をかしげます・・・そしておもむろに遠吠え!

投稿: マリア | 2010年7月 3日 (土) 16:04

上のマリアちゃん、「ウォ~~~ン」の真っ最中のような顔ですが、写真のための「やらせ」ですか。。。。。
なんとタイミングよくカメラを持っていたんでしょう。

カイラは嫌いな人が近くに来たとき以外、一切啼かなかったのに、マリオのまねで雷、遠くの車のクラクションなんかにも吠えるようになってbearing

投稿: kylano3 | 2010年7月 3日 (土) 15:18

犬種によって声の種類が違うとはwobbly

ESはどのくらいあるんでしょうね??
観察してみると楽しいかも知れませんhappy01

投稿: 七栗堂 | 2010年7月 3日 (土) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カミナリとマンゴー | トップページ | いざディズニー・ワールドへ »