« 訓練開始 | トップページ | 「藤稔」「翠峰」は熱中症対策 »

2010年8月15日 (日)

南京豆ではありません

2010_08080005

↑ トンボまで出てきた~
  


日の出が少し遅くなって5時近くになってきた。

そうだといって、ゆっくり寝ているとたちまち暑くなるので、今日も5時前には出発。

散歩コースの一つである大学のケヤキ並木へ向かったら、ものすごい音量の蝉シャワー!
たぶん何百という蝉がこのあたりにいるに違いないってカンジ。

根元には弱って墜落した蝉がいたけど、早朝からはちょっと食べる気にはならない。

公園の草むらにはバッタやコオロギなどの秋虫も出始め、中にはワタシの口めがけて
飛び込んでくる勇敢な虫もいて、せっかくだからいただいてしまった。

不思議なことに、ワタシはいくら草むらを徘徊していても、ダニの類に取り憑かれた
ことがない。

毎月のFront line+と風呂上がりのハーブスプレーしかしていないのだけど、どうやら
虫も食わないESらしい。

ところが、AFP NEWSによると、New Yorkでこの夏、前代未聞の大量のナンキンムシ
(トコジラミ、bedbug)がアパートやオフィスで大発生しているらしい。
 
あの「ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)」のアッパー・イースト・サイド店にまで
出没し、市当局は50万ドル(約4300万円)の対策費を出し、異常発生を警戒しているそうだ。

若者や観光客に人気のカジュアル系ブランド「ホリスター(Hollister)」の SoHoの旗艦店が、
販売した衣料品からナンキンムシが見つかったせいで閉店に追い込まれたそうだ。

続いて、「アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie&Fitch)」のマンハッタンのアウトレットでも
商品からナンキンムシが見つかったらしい。

さらにブルックリンの病院の救急救命室にあらわれ、7月中旬、ヴィクトリアズ・シークレットの
アウトレットでランジェリーの上をはいまわり、同店を一時閉鎖に追い込んだそうだ。

米粒より少々大きい程度のナンキンムシだが生命力は強く、血を吸わなくても数週間を
生き延びることができるそうだ。寿命は平均10か月、その間にメスは約350個の卵を生む。

米国では第2時世界大戦後にほぼ根絶されたが、効果は絶大ながら人体にも有害として
殺虫剤のDDTが禁止されたり、海外旅行が普及したことなどで90年代以降すっかり
復活したカンジ

そんな中、犬を使ってナンキンムシを探させる駆除サービスの人気が高まっている。

ベッドや食器棚、パソコンやラジオ、目覚まし時計などの電化製品の中にまで入り込んだ
ナンキンムシを探すのに、鼻が効く猟犬種は有効と考えられているらしい。

駆除会社の犬1匹を連れた訪問は、税抜き価格で1回350ドル(約3万円)。

犬のワーキングホリデーは無いかなぁ

  
■となりの食卓
 ・ ポークとマッシュポテトのはさみやき
 ・ 焼き茄子
 ・ シーフードサラダ
 ・ 桃   おこぼれあり

|

« 訓練開始 | トップページ | 「藤稔」「翠峰」は熱中症対策 »

コメント

>アテモレmamaありがと
「南京虫」おそらくいまの30代以降の方には完全に
死語でしょう。おいしそうな名前に聞こえるかもしれません。
そういえば「南京玉すだれ」というのもありましたね~

投稿: マリア | 2010年8月18日 (水) 17:02

確かに虫を見つけるのはプロですよね。
日本で大発生したら、そういう商売始めようかな。
数年前に日本の小学生でもアタマジラミが流行り、アタマジラミ用のハーブスプレーを売っているの見たことあります。
「南京虫」は懐かしい名前の響きですね。

投稿: アテモレ | 2010年8月18日 (水) 10:28

>七栗堂mamaありがと
何を思ったか・昼間突然日のガンガン当たる庭で
昼寝をしようとします。
暑さで脳が溶けてきたか???

投稿: マリア | 2010年8月18日 (水) 08:14

ユウェルもいまだついたことないですgood

ちなみにこちらでもちらほら立秋近くにトンボがいたのですが
最近の猛暑で居なくなりましたっsweat01
残暑が厳しいとほんとにダレます…sweat02
夏終盤、暑さで体力消耗した中での厳しい残暑は体調を壊しやすいそうですので
マリアちゃん、くれぐれも無理しませんように。
うちのはアホの子にように走り回ってますがsweat02

投稿: 七栗堂 | 2010年8月17日 (火) 22:35

>Kylano3ママありがと
絶滅危惧種ではないので結構文明国にもいるのです。
ママさんに山ダニが!・・・ついに獣化しましたか!

投稿: マリア | 2010年8月17日 (火) 08:06

トコジラミ。。。。。
そういうものは、とにかく不衛生極まりないところにしかいないと思ってました。

つい数日前、村のプールで「頭ジラミ」が蔓延してると聞いたばかり。
小学校などでは、週一で子供たちの頭に「酢」をかけるよう親たちに話しているそうです。

それに、先日は私に「山ダニ」が喰いついているのを発見crying
未だにかゆいです!!

投稿: kylano3 | 2010年8月16日 (月) 18:29

>Deeploveママありがと
南京虫実物は見たことありません。
年配の方に聞けば判ると思いますよ。
マリアは虫も寄りつかない、不味いESですweep

投稿: マリア | 2010年8月16日 (月) 16:58

ディープを教育しようかな。

南京虫、初めてききました。
マリアちゃん、虫も寄せ付けないレディーなのね。

ディープは、注意しないとつきます。
この間、お散歩中にワンお友達のおじさまにとってもらいました。

それにしても、アバクロでお買い物して虫をサービスされたら
こまっちゃうなぁ。

投稿: deeplove | 2010年8月16日 (月) 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訓練開始 | トップページ | 「藤稔」「翠峰」は熱中症対策 »