« 四季折々 | トップページ | 挨拶は大事 »

2010年9月 8日 (水)

ワタシは不向き

2010_09050028

↑ 目標発見!幸いにも一匹! 
  

ワタシの散歩道のうち、南コースでは、最近猫に良く遭遇する。

この春生まれたのか、親猫と子猫が3~4匹の一家が、それぞれ3カ所ぐらい。

道に散らばっている家族もいれば、駐車場の車に一家で乗っかっているのもいるし、
中には興味本位にワタシの散歩の後をつけてくる一家もいる

ワタシはどうもこの猫の団体というのに弱い

一匹なら、大抵発見し次第、抜き足差し足で近寄ろうとするのだけど二匹以上なら
ちょっと横を失礼しますってカンジで、なるべく視線を合わさないようにしてやり過ごす。

へたに関わって、ネコパンチでボコボコにされたらどうしょうと、余計な心配をするワケ

そんなワタシと違って、 ネコに夢中になっている犬はいませんか?

そんな犬のネコに対する執着を大いに有効活用してペット探索犬へと導く手ほどきを
している団体があるらしい。

米・シアトルのMissing Pet Partnership(以下MPP)というNPOは、行方不明になった
ペットの臭いから捜索をする犬を訓練しているそうだ。

MPPの創立者キャット・アルブレヒトは、以前、ブラッドハウンドと共に捜査や救助を
担当する警官だった。

ある日、彼女の愛犬、ブラッドハウンドのA.Jが自宅の裏庭から逃げてしまった。

パニックに陥った彼女は、もう一匹の愛犬にA.Jを捜索させてみたら運良く見つかった。

犬を訓練して行方不明になっているペットの捜索をさせてみたら?と、アイディアが
ひらめいたのはその時だそうだ。

猫を探すときは活発でテンションの高い犬が有望らしいけど、ネコに夢中な犬が
全て完璧な『ネコ探索犬』になれるわけではないようだ。

犬の気が散るようなおもちゃや食べ物などに惑わされず、ネコがいる場所でおとなしく
じっとしていられるかどうか?

テストに合格できる犬は15匹に1匹いるかいないかだという。

テストに合格した犬だけが平均3、4か月訓練を受け、訓練を修了した犬と飼い主は、
それぞれの住んでいる町や地域で逃げてしまったペットたちを捜索する探偵として、
地元に貢献しているそうだ。

犬はとても重要な手掛かりを与えてくれ、「自由に外出していたネコが突然姿を消して
しまったというケースでは、ネコ探索犬の能力がとても重要になるらしい。

ケガをして逃げ出せない状態になった、残念なことに亡くなった、あるいは野生動物に
襲われたなど、ネコが姿を消した時点で、なぜいなくなったのか私たち人間には知り
ようがありません。

「でも、犬なら人間が見落としてしまう物的証拠を見つけて、ネコを捜索できます。」と
アルブレヒトさんはいう。

またMPPでは臭覚探知能力に長けた臭跡探索犬となるべく、犬と飼い主の訓練も
行っている。

家の近所の捜索しネコを探し出すネコ探索犬とは違い、行方不明になったペット、
それが犬、馬、フェレットであっても、その個体の臭いをたどってペットを探し出すのが
臭跡探索犬だ。

訓練期間も長く、2年を要するという。

ネコ探索犬や臭跡探索犬となるためには、何点かの基準を満たしていることが
望ましいそうだ。

まず、犬種はさほど重要ではないが、中型犬が適しているそうだ。

探索中ずっと走りまわり、狭い場所に入り込んで出られなくなったペットを救助する
という時には、最適だと言う。

人間や動物に対して攻撃的な態度を取らない、穏やかな性格の犬が最適ということだ。

Missing Pet Partnership


攻撃的な態度を取らないという点では問題ないけど、びびって逃げ出すワタシではとても
お役に立ちそうにはないってカンジ

  
■ となりの食卓
 ・ 鰈の焼きもの
 ・ 一口うどん
 ・ とろろ丼
 ・ 茶碗蒸し
 ・ ホウレン草のお浸し
 ・ 生麩と筍の炊き合わせ
 ・ 梨   おこぼれあり
 

|

« 四季折々 | トップページ | 挨拶は大事 »

コメント

>コロmamaありがと
癌を見つける犬、糖尿を見つける犬も嗅覚で
探知するようですね。
やはりワンズの嗅覚はスゴイ!

>七栗堂mamaありがと
お兄ちゃんが大好きなのですね!
犬と猫は会話できるのかなぁ?

>ミモザmamaありがと
やはりボーダーなどはなんでも出来そうな気がしますね
ESは山鳥を追っているのが一番絵になります。

>ホーリーmamaありがと
フィールドの色濃いホーリー&ソフィchanには猫などは
恰好の獲物でしょうね。
猫はこちらが繋がれているのをよく知っているのでしょう。
悔しいねぇ~

投稿: マリア | 2010年9月 9日 (木) 22:41

ソフィもホーリーも、お散歩中は、ずーっと
猫ちゃんを捜索中です。

この能力を、もっと磨けばいいのですね。

夕方のお散歩で、港の見える丘公園の猫ちゃん、
2頭の前に出てきて、挑発的に目の前の木で爪を研ぎ、
ゆったりと、木に登っていきました。

2頭はかなり、頭に血が上って、押さえ込むのが大変でしたよ~

投稿: ホーリーママ | 2010年9月 9日 (木) 20:33

ネコパンチは強力ですからねぇ~
サラルナも時々ネコパンチをするの。

それにしてもペット探索犬となるとどんな犬種がいいのかしら?
ESには適してないだろうなぁ・・・

投稿: ミモザ | 2010年9月 9日 (木) 18:16

ユウェルは素質あるかもsign02
でもうちのお兄ちゃんcatにしかあまり興味を示してないような気も…sign02
お家の中では、部屋から脱走癖のある黒猫お兄ちゃんが脱走すると
ユウェルを放して部屋の中に追い込ませてますscissors
ちなみにお兄ちゃん脱走して、何をするかと云うと…キッチンにいって生ごみ漁ったり(人がいるときには机類には一切登らないのにsweat01)してお腹を壊しますcoldsweats01

投稿: 七栗堂 | 2010年9月 9日 (木) 11:36

そういえば、動けなくなったような猫を探しては助ける犬の実話がありましたね。

うちの子達はミューがいるせいか、猫ちゃんには余り反応せずにやり過ごします。
今朝の散歩では、道の真ん中にドッカと寝ている猫ちゃん。
「通れないからどいて~」ってお願いしても、2頭のワンズを見ても、なかなか動こうとしない度胸の座った猫ちゃんでした。

それにしても、犬の能力を使って、いろんな事が出来るのですね。
癌を見つけるっていうのもありましたよね。
下手なお医者さんより診断が正確かも~。

投稿: コロママ | 2010年9月 9日 (木) 10:23

>みっちゃんmamaありがと
相手が一匹だと積極的に向かっていくのですが
複数だと見なかったふりをします。
なんだか度胸の程度が見れるようで面白い

>Kylano3ママありがと
マリオchanならどこでも人気者でしょう。
そういう不思議な力があったのでしょうね~

投稿: マリア | 2010年9月 9日 (木) 06:39

マリオならテストに合格したかも!

ニャン子分追いかけて探し出すの得意だったし!

今頃は虹の向こうで、ニャンs子分を引き連れて、走り回っているかな?!

投稿: kylano3 | 2010年9月 8日 (水) 23:45

マリアちゃん優しいから出来そうよ〜
こっちには犬と猫がうまく共同生活してるお家がたくさんありますよ。だいたい猫の方が強い(笑)
で、お気の毒に叱られるのはワンコの方が多いらしい。
こないだ盲目の猫が迷子になって諦めた頃に見つかったニュースありましたね。

投稿: みっちゃん | 2010年9月 8日 (水) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四季折々 | トップページ | 挨拶は大事 »